スポンサードリンク

You tooとMe tooの違い。同僚から“Nice to meet you”と挨拶された人が“You too”と答える会話が、新形式対応の公式問題集のPart3(TEST2 Q53-55)に登場するのだが、それを言うなら“Me too”じゃないか?と思った人は多いのではないだろうか。さて、この場合、“You too”“Me too”どちらが正しい?

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”tokujirou.png” name=”トクじろう”]Nice to meet youの返しがYou tooっておかしくない?Me tooじゃね?普通[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”toenyan.png” name=”トイニャン”]あーそれ。あれちゃう?もしかして新形式のTOEIC公式問題集?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”tokujirou.png” name=”トクじろう”]そうそう、Part3なんだけどさ。“Nice to meet you”って挨拶してきた職場の新入りに先輩が“You too”って言うの。[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”tokujirou.png” name=”トクじろう”]訳は「こちらこそ」ってなってるんだけどさ、だったら“Me too”じゃないかって思うわけ[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”toenyan.png” name=”トイニャン”]それぼくも最初考えたわー。誤植ちゃう?大丈夫なん公式問題集?って。でも、そこは“You too”で正解っていうか、“Me too”の方がおかしいんやて[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”tokujirou.png” name=”トクじろう”]えっそうなんだ[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”toenyan.png” name=”トイニャン”]いやな、新人のAnil君は「you」、この場合はTom君やな、Tom君に会えてうれしい言うとるわけやん[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L2″ icon=”tokujirou.png” name=”トクじろう”]こいつTOEIC問題集の登場人物の名前憶えてる…ヤバいな[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”toenyan.png” name=”トイニャン”]それに対してTom君が“Me too, Anil”言うたら、「僕も僕(Tom)に会えてうれしいわあ、Anil君」ってことになってしまうらしいねん[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”tokujirou.png” name=”トクじろう”]それはどう考えても自分好きすぎだろ[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”toenyan.png” name=”トイニャン”]せやねん だから“Nice to meet you”に対しては、“Nice to meet you, too”って答えるか、それが省略された“You too”って返すのが正しいらしいで[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”tokujirou.png” name=”トクじろう”]そうか、この場合の“You too”は“Nice to meet you, too”を端折った言い方だったのか[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”toenyan.png” name=”トイニャン”]ただあれやね、“You too”はアメリカでしか通用しないとか、アメリカでも目上の人に対して言うのはNGとかいう話なので、使わんのが無難かもしれへんね[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”tokujirou.png” name=”トクじろう”]そうか、じゃ俺は“Nice to meet you, too”って言うことにするわ[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”tokujirou.png” name=”トクじろう”]ところで、「うん、俺も」って同意したいときに“Me too”を使うのは、どういう場面なの?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”toenyan.png” name=”トイニャン”]せやなー誰かが“I love TOEIC!”って言ったのに対して“Me too!”って言うような場面かなあ [/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L2″ icon=”tokujirou.png” name=”トクじろう”]シチュエーションが想像できねえ…[/speech_bubble]

ということで、補足すると、“Me too”で同意するのが適切なのは、相手の発言が“you”を含まない場合であるようだ。“I love Beatles.”“I’m hungry.”に対して「私も!」ていう場合は“Me too”でOK(ちなみに相手が否定文の場合は“Me neither”)。

“Nice to meet you”“I love you”などに“Me too”と返すと「私も私に会えてよかった」「俺も自分のこと愛してる」みたいな意味になってしまうようなので、要注意だ。

そして、“Nice to meet you”には、今回例に出したTOEIC公式問題集の会話のように“You too”で答えることもあるようだが、端折らずに“Nice to meet you, too”と言うのが無難そう。“I love you”に対しても“I love you, too”と答えるのがよさげである。

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”tokujirou.png” name=”トクじろう”]うわー俺、これまでずっと“I love you”って言われて“Me, too”って答えまくってたわー。でもジェニーもケリーもルーシーも何も言わなかったんだけどなー[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R2″ icon=”toenyan.png” name=”トイニャン”]まあ嘘やろな…[/speech_bubble]

参考にさせていただいた記事はこちら↓
“Me too”で陥りがちな失敗例 | 日刊英語ライフ

スポンサードリンク