スポンサードリンク

問題

「MSC認証」の別名は、次のうちどれでしょう?

  1. 海のエコラベル
  2. レインフォレストアライアンス
  3. バードフレンドリーマーク

解説

「MSC」とは、海洋管理協議会の略称で、Marine(海の)Stewardship(管理、スチュワードシップ)Council(協議会)の頭文字をとったものです。

MSCは、1997年に設立された国際的なNPOで、本部はロンドン。認証制度と「海のエコラベル」を通じて、持続可能な漁業の普及に向けた取り組みを行っている団体です。「海のエコラベル」は、MSCの審査基準に合格した漁業でとられた水産物に表示されます。

「海のエコラベル」を知っていますか? – MSC日本事務所ブログ
http://msc-japan.blog.jp/

ざっくり言いますと、

  • 獲り過ぎていないこと
  • 回復の方法をちゃんと考えていること
  • 生態系を維持できる方法で行うこと
  • そのための管理システムを備えていること

などが審査のポイントとなる模様。

2017年11月現在のMSC認証取得漁業は320以上で、その年間総漁獲高は約1,000万トン。これは世界の天然漁獲量の13%にあたります。

ところで「漁業」の認証というのがちょっと分かりにくいので、具体例を挙げてみましょう。

日本では、現在、以下の3漁業がMSC認証を取得しています。

  • 京都府機船底曳網漁業連合会のアカガレイ漁業
  • 北海道漁業協同組合連合会のホタテガイ漁業
  • 明豊漁業株式会社(宮城県塩釜市)のカツオ・ビンナガ一本釣り漁業

初鰹のイラスト

これを見ると、「○○(漁協や会社など団体名)の××(魚の名前)漁業 」という単位で認証が行われているようですね。

海のエコラベルは、青地に白で魚の絵が描かれた楕円形のマークです。

水産庁/MSC認証 海のエコラベル
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/h22_h/trend/1/zoom_p023.html

イオン、コープ、イケアなどで取扱いがあるそうなので、お魚をお買い求めの際にはぜひチェックを。

正解

ということで、本日のエコクイズ「「MSC認証」の別名は?」
の答えは、1の「海のエコラベル」でした。

2「レインフォレストアライアンス」は、熱帯雨林の農園の認証。

3「バードフレンドリーマーク」は、森林の保護に配慮された日陰栽培のコーヒーの認証です。

スポンサードリンク