スポンサードリンク

問題

環境マネジメントシステムにおける「PDCA」の「P」とは何の略?

  1. Plan(計画)
  2. Planting(植林)
  3. Project(事業)

解説

企業その他の組織が、環境改善のための方針や目標を自ら設定し、その達成に向けて取り組んでいくことを「環境マネジメント」といいます。そのための体制や手続きなどのしくみが「環境マネジメントシステム」。

「EMS」ともいいますが、これは英語の

Environmental
Management
System

の頭文字をとったものです。「環境マネジメントシステム」は長いので、以下「EMS」とします。

さて、EMSの国際的な規格としてはISO14001があります。このISO14001が、基本的な構造として用いているのがPDCAサイクル。

「PDCA」は

Plan(計画)
Do(実施)
Check(点検)
Act(見直し)

の頭文字を取ったものです。

「あれっ、見たことあるけどEMSの話じゃなかったような…」という方もいらっしゃると思いますが、その通り。PDCAサイクルは、EMSに限らず業務改善や品質管理などに広く用いられている手法です。

ただ、媒体によっては「A」は「Act」ではなく「Action」となっていることもあるようですね。

正解

ということで、今回のエコクイズ「環境マネジメントシステムにおける「PDCA」の「P」とは何の略?」の答えは、1の「Plan」でした。EMSだからといって、植林が出てくるわけではなく、ビジネスの話でよく聞く「PDCA」と同じ。

ただ、一般的なPDCAの「A」が「Action」とされることもあるのに対し、EMSのPDCAの「A」は「Act」とされています。

スポンサードリンク