スポンサードリンク

eco検定に合格したところ、『エコピープル』登録のご案内というチラシが、成績票・合格証とともに届きました。「― 登録者“限定”のサービスや情報が盛りだくさん― 登録無料」とのことです。

『エコピープル』登録案内のチラシ

エコピープル 登録のご案内

エコピープルとは何か?

そもそも、「エコピープル」とは何かというと、これは、eco検定合格者の呼称です。

東京商工会議所の検定試験には、「合格者称号付与制度」があります。これは、合格者が、名詞に印刷するなどして使用できる肩書のようなもの。

例えばカラーコーディネーター3級合格者は「アシスタント・カラーコーディネーター」、ビジネス実務法務検定1級合格者は「ビジネス法務エグゼクティブ®」。それがeco検定の合格者の場合は「エコピープル」なわけです。このことについては、公式テキスト第6章にも記載があります。

前述のチラシには、こう書かれています。

商工会議所では、eco検定に合格した方を「エコピープル」と呼称し、エコピープルの仲間入りをされた皆様が、eco検定で得た知識をアクションにつなげていくための支援活動を展開しています。

(eco検定合格証に同封されていた『エコピープル』登録のご案内より)

ということは、eco検定に合格した時点で、その人はエコピープルとなるわけです。なのに「登録」ってどういうこと?という話ですが、それは、上記の「支援活動」を受けるには、「エコピープル支援WEBサイト」へのWeb登録が必要だということです。

エコピープル支援協議会

「エコピープル支援WEBサイト」の特典は?

「エコピープル支援WEBサイト」(以下「WEBサイト」)によると、登録により、具体的に次のようなことができるようになります。上記「はじめての方」ページに「特典」として紹介されている、4つの項目をまとめてみました。

  1. 名詞やブログなどにエコピープルマークを使用することができ、またエコピープル限定オフィシャル名刺やシールを購入することもできる
  2. メールマガジンを通じて、エコピープル限定割引・特典などの情報が得られる(月2回程度PCアドレスに配信)
  3. WEBサイトやメールマガジンに、活動やイベントの情報を掲載できる
  4. WEBサイト内の「アクションレポート」に、個人やユニットの紹介ページを持つことができる

出典:
エコピープル支援協議会 はじめての方 | eco検定合格者 エコピープルの活動をサポート

eco検定に合格したからといって、Webサイトへの登録は、必須ではありません。

しかし、マークの使用ができれば、eco検定の合格者「エコピープル」であることを効果的にアピールできます。また、自分の活動を無料で紹介してくれるというのですから、これは活用しない手はないでしょう。

少なくとも私は、とりあえず、エコピープルのロゴマークをこのブログで使いたい!と思ったので、WEBサイトに登録してみました。

とりあえずエコピープルに登録してみよう

こちらがWEBサイトの登録フォームへの入り口です。上記エコピープル支援協議会 はじめての方のページをスクロールすると、ボタンがあります。

エコピープルに登録

WEBサイトへの登録にあたって必要な情報は、下記の通りです。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス(※パソコンで受信されるメールアドレス推奨)
  • パスワード
  • 証書番号(※合格証の証書番号)
  • 所在地(都道府県)
  • おおよその試験勉強期間
  • 今後どのような分野について勉強・活動したいか(自由入力)

登録が完了すると、ログイン方式の「エコピープルマイページ」が生成され、WEBサイト掲載申込フォームに行けるようになったり、エコピープルマークがダウンロードできるようになったりします。

エコピープル マイページ

なお、エコピープルのマイページは、SNSのように開かれた空間ではなく、ユーザーどうしが交流できるという仕様にはなっていません。また、運営側から個人的に「活用してますか?」「そろそろ活用しましょうよ」などのおせっかいな通知が来ることもありません。

すなわち、WEBサイトに登録したとして、活用するかしないか、活用するとしてどのようなタイミングでするかは自分次第。eco検定に合格したら、エコピープル支援WEBサイトに、気軽に登録してみるといいのではないかと思います。

ちなみに私は、先ほど登録を完了して、さっそくエコピープルのマークをダウンロードして、このブログのサイドバーに貼ってみました。これがよくできたデザインで、ぐっとブログの説得力が増した気がします。

※証書番号は自分で入れたものです
エコピープルマーク

eco検定合格者で、エコピープル支援WEBサイトへの登録がまだと言う方は、ぜひこの機会に。

スポンサードリンク