スポンサードリンク

問題

環境省は、11月を「エコドライブ月間」として環境に配慮した自動車の運転を推進しています。次のうち、「エコドライブ」にあてはまらないものはどれでしょう?

  1. 不要な荷物はおろしておく
  2. 発進時にアクセルは素早く踏み込む
  3. タイヤの空気圧をチェックする

解説

環境省は、環境に配慮した自動車の運転を「エコドライブ10のすすめ」という10個の項目にまとめています。環境にいいということは、エネルギーを浪費しないこと、すなわち燃費をよくすることです。

お財布にやさしい運転ということでもありますので、この機会にチェックしてみましょう。

「エコドライブ10のすすめ」

  1. ふんわりアクセル「eスタート」
  2. 車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転
  3. 減速時は早めにアクセルを離そう
  4. エアコンの使用は適切に
  5. ムダなアイドリングはやめよう
  6. 渋滞を避け、余裕をもって出発しよう
  7. タイヤの空気圧から始める点検・整備
  8. 不要な荷物はおろそう
  9. 走行の妨げとなる駐車はやめよう
  10. 自分の燃費を把握しよう

ふんわりアクセル「eスタート」とは、アクセルを穏やかに踏んで発進すること。最初の5秒で時速20km程度が目安です。これで燃費が10%ほど改善するとか。車の急な加速・減速や、ひんぱんな発進・停止は、燃費を悪化させるので、エコドライブでは避けるべきとされています

  • 「車間距離にゆとり」
  • 「減速時は早めにアクセルを離そう」
  • 「渋滞を避け、余裕をもって出発」

という項目があるのは、そのため。

不要な荷物を下ろすことや、タイヤの空気圧のチェックは、運転とは直接関係がありませんが、これらも燃費をよくするために必要なことです。タイヤの空気圧の不足は約2~4%の、100kgの荷物は約3%の燃費悪化を招くそうですよ。

正解

ということで、本日のエコクイズ「エコドライブにあてはまらないものは?」の答えは、2の「発進時にアクセルは素早く踏み込む」でした。

アクセルの踏み込みは「ふんわり」。燃費が改善し、交通安全にもつながります。

スポンサードリンク