スポンサードリンク

問題

2015年の国連サミットで決まった
「SDGs」とは何の略でしょう?

  1. 企業の社会的責任
  2. 持続可能な開発目標
  3. 環境と社会と統治

解説

「SDGs(エスディージーズ)」とは、「誰一人取り残さない」世界の実現に向けたすべての国家の努力目標です。2015年の国連サミットで採択されました。「SDGs」は、英語の

  • Sustainable (持続できる)
  • Development(開発)
  • Goals(目標)

の頭文字と最後の「S」をとったもの。日本語では「持続可能な開発目標」と言われています。

【参考動画】ピコ太郎 × 外務省(SDGs)~PPAP~

目標は全部で17個。ざっくり言うと、すべての不平等を解消し、自然や次世代にも配慮しつつともに発展していこう、というようなことが掲げられています。

1「企業の社会的責任」は「CSR(シーエスアール)」。

  • Corporate(企業)
  • Social(社会的な)
  • Responsibility(責任)

の頭文字を取ったもの。

3「環境と社会と統治」は「ESG(イーエスジー)」。

  • Eは「Environment(環境)」、
  • SはCSRと同じく「Social」のSで、
  • Gは「Governance(統治)」の

頭文字です。「ESG投資」といった形で、主に投資の方面で使われるようになってきた言葉です。

正解

ということで、本日のエコクイズ「SDGsって何の略?」の答えは、2の「持続可能な開発目標」でした。

スポンサードリンク