スポンサードリンク

問題

ESG投資の「ESG」って何の略?

  1. 環境、サステナビリティ、成長
  2. 環境、社会、企業統治
  3. 経済、社会、グローバル

解説

投資家や銀行が企業の株式や社債を買ったり、お金を貸したりするときには、通常、業績や収益性を見ます。しかし、最近は、それだけではなく「ESG」のポイントからも企業を評価する動きが出てきました。

それが、「ESG投資」です。

といっても、何を言ったことにもなりませんので、「ESG」の中身を説明しましょう。

「ESG」は、

  • Environment(環境)
  • Social(社会)
  • Governance(企業統治)

の頭文字を取ったものです。

E(環境)は、二酸化炭素の削減や、再生可能エネルギーの導入のために努力しているか。また、製品を製造したり原料を採取したりするときに、自然や生物に悪影響を与えていないかなどが問われます。

二番目のS(社会)は、人権とか倫理とかですね。働く人の人権に配慮しているかどうか、世間から叩かれるようなことをしていないかが問題となります。

そして三番目のG(企業統治)は、経営陣が会社を牛耳っていたり、会計にごまかしがあったりしないかどうか

いくら業績がよくても、収益があがっていても、これら「ESG」に問題がある会社にはお金を貸さないよ、もしくは貸しているお金を引き揚げちゃうよ、というのがここ最近の投資家のスタンスのようです。

化石燃料をためらいなく使ったり、原料の調達や製品の製造で現地の人をこき使っている企業はもはや続かない、という世の中が来るのかもしれません。

正解

ということで、本日のエコクイズ「ESG投資の「ESG」って何の略?」の答えは、1の「環境、社会、企業統治」でした。

もっとも、投資家がESG投資のような動きをとるのは、特に目新しい話ではありません。少し前、似たような行動は、「SRI」と呼ばれていました。

ESG投資とSRIの違いは、こちらのブログ記事で解説していますので、お時間ある方はご確認ください。
↓ ↓ ↓
ESG投資とSRIの違いを全力で分かりやすく解説

スポンサードリンク