スポンサードリンク

TOEICの名称変更について。5月に出題形式が変更されたばかりのTOEICだが、今度は名前が変わるらしい。現在、一般に「TOEIC」と呼ばれているリスニングとリーディングのテスト「TOEIC®テスト」が「TOEIC® Listening & Reading Test」に、「TOEIC SWテスト」などと呼ばれている「TOEIC® Speaking & Writing」が「TOEIC® Speaking & Writing Tests」に変更。

現在、ツイッターのTOEIC公式アカウントで、第213回テスト(9月25日実施)の申し込み締め切りが告知されているのだが、サラッと変更されている。

ツイッターでは、名称変更に一切触れられていないが、公式サイトで告知がなされている。

TOEIC名称変更

それによると、

TOEIC®テストは、「TOEIC® Listening & Reading Test」へ。
テストの名前が変わります。

聞く(Listening)、読む(Reading)、話す(Speaking)、書く(Writing)。この4つのスキルを測定できるということを、より多くの人に知ってもらいたい。その思いから、この度名前を変えることになりました。
2つのテスト内容に変更はありません。引き続きお役立てください。

とのことだが、大丈夫なのかこれ。だって、リスニングとリーディングの能力しか測っていないにもかかわらず、一定以上のスコアを達成すれば、英語全般できるように見える点が、TOEICのいいところだったのに。

例えば、これまで私は

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”tokujirou.png” name=””] へえー。TOEIC900超えてるとかすごい!やっぱ英語ペラペラなんすか?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”toenyan.png” name=””] いやいや、TOEICはリスニングとリーディングだけのテストだから、しゃべったり書いたりは、ちょっとあれで[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”tokujirou.png” name=””] いやいやご謙遜[/speech_bubble]

などというやりとりを通じて、実際には限りなくブロークンに近いスピーキングとライティングの能力をも高く見積もらせることに成功してきた(というか、真剣にスピーキング&ライティング力のなさを訴えても、まず信じてもらえなかった)。

しかし、名称が「TOEIC® Listening & Reading Test」に変更されてしまったら、

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”toenyan.png” name=””] あ、TOEIC925です。いや、Listening & Readingの方なんすけど[/speech_bubble]

などと言わなければならなくなり、

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”tokujirou.png” name=””] ふーん、リスニングとリーディングだけなんすか。なんか中途半端っすね[/speech_bubble]

などという扱いを受けることになるのではなかろうか。やだなあ。「TOEIC® Speaking & Writing Tests」(以下「S&W」)も受けなきゃ半人前扱いとか。というか、それがETSの狙いなのだろうか。コンプリート欲を煽って、いまいち盛り上がりに欠けるS&Wをブースト。うわー。

でも、コンプリート欲だけで受けるには、S&Wの受験料は高すぎる。2016年8月現在10,260円(税込)。その割には、認知度が低いし、各種認定にも使えないし、コスパが悪い。準一級なら6,900円、1級でも8,400円で4技能測れる英検に流れる受験者や企業が増えたりするんじゃないか。実は私がそうなりそうなんだが、これはまた別の機会に書く。

ということで、今回のTOEIC名称変更による受験者側のメリットは、リスニングとリーディングのテストを「TOEIC」、スピーキングとライティングのテストを「TOEIC S&W」と呼ぶややこしさから解放されたことぐらいのものではないだろうか。

出版社や書店、TOEIC関連本の著者の間では、混乱もありそうだ。よりによって、新形式対応の「TOEIC®問題集」が多数出版されたこの時期に何だよ、という感じではなかろうか。帯を巻き替えたりするのかな。

そうだ、このブログのタイトルはどうしよう。「新形式TOEIC(L&R)攻略ブログ」とかにするべきなんだろうか。微妙だな。幸い、S&Wテストの公式テキストや問題集が何冊か手元にあることだし、タイトルそのままで、S&Wも扱うことにするかな。うーん、でも需要あるのかな。

スポンサードリンク