スポンサードリンク

eco検定頻出の「地球サミット」は、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催され、「リオ宣言」や、「アジェンダ21」が採択された重要な国際会議です。

検定的に悩ましいのは、その正式名称。地球サミットの以前にも以後にも、環境に関する会議にはいろいろありますが、どれも「国連なんとか会議」「環境なんとか会議」と似通った名前で、混乱しがちなんですよね。

そこで、このページでは、クイズを使って地球サミットの正式名称を覚えてしまいましょう。中心的な会議についての事項をしっかり押さえると、その他の会議についても暗記がラクになりますよ!

問題

「地球サミット」は、1992年にリオデジャネイロで行われた環境に関する会議の通称です。正式名称は何と言うでしょう?次の3つの語句から適切なものをひとつ選んでください。

  1. 持続可能な開発に関する世界首脳会議
  2. 国連持続可能な開発会議
  3. 国連環境開発会議

解説

1992年にリオデジャネイロで開催された地球サミットの正式名称は「国連環境開発会議」です。

国連環境開発会議には、約180の国や地域が参加し、「環境と開発に関するリオ宣言(通称「リオ宣言」)」や、リオ宣言を実現するための行動計画「アジェンダ21」が採択されました。

また、国連気候変動枠組条約や、生物多様性条約の署名が開始されたのも、この国連環境開発会議。国際社会の環境問題への取り組みの大きな節目のひとつとされているイベントの一つです。

「地球サミット」という通称とともに、開催年、正式名称、採択された宣言、アジェンダなどをしっかり押さえておきましょう。

なお、選択肢1「持続可能な開発に関する世界首脳会議」と2「国連持続可能な開発会議」は、1992年からそれぞれ10年後、20年後に、地球サミットのフォローアップとして開かれた国際会議。

1は2002年にヨハネスブルグで開催された「リオ+10」、2は2012年に再びリオで開催された「リオ+20」の正式名称です。

開催順にまとめると、

1992年 地球サミット(国連環境開発会議)
2002年 リオ+10(持続可能な開発に関する世界会議)
2012年 リオ+20(国連持続可能な開発会議)

となります。

正解

3

ということで、1992年にリオデジャネイロで開催された地球サミットの正式名称は3「国連環境開発会議」でした。

ちなみに、略称は「UNCED」。United Nations Conference on Environment and Development の頭文字をとったものです。

eco検定に出題される範囲で、略称が「UN」で始まる会議や組織名の正式名称は、ほぼ「国連なんとか」ですので、覚えておいてください。

スポンサードリンク