スポンサードリンク

個人的な感覚としてはすったもんだの末、2月19日夜にようやく入手した『TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編』。翌日は珍しく早起きして、まずはTEST1をひととおり解いてみることにした。

音源をPCにインポートしたり、鉛筆を削ったり、いやー新しいTOEIC問題集って、何でこんなにわくわくするんだろうなあと、いそいそと準備。そんな私に、亭主が声をかけてきた。

「解答用紙はあるんかい?」

私は答えた。

「前回のTOEIC前にダウンロードしたやつのコピーが残ってるよ」

それに対して亭主。

「いや、形式変わっとるがな」

ああ!そうだった!!

新形式のTOEICは、リスニング、リーディングそれぞれトータルの問題数は変わらないのだが(各100問)、Part4を除くパートの問題数が従来とは異なるのだった!

TOEICの問題数

この変更によって、解答用紙のパートの区切りが変わり、元来Part2だったのがPart3となった№32-№40では、マークの数が足りなくなる(Part2には「D」がない)。すなわち、従来型TOEICの解答用紙は使えないのだ。

これはうっかりしていたなあ、ということでWebを調べてみたところ、新形式対応の解答用紙は、公開されていない模様。仕方がないので、公式問題集綴じ込みの解答用紙をコピーした。

しかし、我が家のHP製激安複合機では、美しいコピーを取ることはできず(切り離せばもっときれいに取れるとは思うが、絶対なくすのでそれは避けたい)。

公式問題集付属の解答用紙コピー

テンション下がること甚だしかったのだが、まあ、いたしかたないということで、これを使用してTEST1を解いた。

ちなみに結果はこちら。

現行TOEICスコア925の私が新形式対応公式問題集を解いてみた結果【TEST1編】

で、テストを終えた後、思った。TEST2もこの解答用紙で受けるのはいやだなあと。そこでひらめいた。Webになければ自分で作ればいいじゃない!

ということで、新形式TOEIC対応の解答用紙を自作してみた。

新形式TOEIC解答用紙

そこそこ使えるクオリティではあると思うので、PDFにて配布させていただく。皆さんのTOEIC新形式問題演習のお役に立てれば幸いです。

[wpdm_package id=’360′]

(アンカーテキストをクリックすると、ダウンロードが始まります)

スポンサードリンク