スポンサードリンク

問題

「カーボンオフセット」ってどういう意味?

  1. 超臨界二酸化炭素を活用した画期的な印刷方法
  2. 排出してしまった温室効果ガスの量をエコプロジェクトなどを行うことで埋め合わせること
  3. 製品のライフサイクル全体で発生する温室効果ガスの量を表示する制度

解説

「カーボンオフセット」の「カーボン」は、CO2を含む温室効果ガスのことです。「オフセット(offset)」は、英語で「相殺」「埋め合わせ」。「カーボンオフセット」を直訳すると、温室効果ガスの相殺というような意味になります

環境省による定義は、ちょっと長いです。以下、引用。

日常生活や経済活動において避けることができないCO2等の温室効果ガスの排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方(出典:環境省_カーボン・オフセット

ものすごくざっくり言うと、がんばっても削減できなかった温室効果ガスについて、お金や他の努力で解決するというところでしょうか。

1ドル札のイラスト

「お金や他の努力 で解決」の中には、温室効果ガスを吸収・削減するプロジェクトを実施することや、「クレジット」を購入することなどが含まれます。

プロジェクトとは、例えば植林を行うことや、再生可能エネルギーへの投資など。

「クレジット」とは、温室効果ガスの削減量や吸収量を国が認証したもの。

自社における温室効果ガスの削減・吸収が難しくても、そういった営みに成功した人が持っているクレジットを買うことで、削減や吸収に貢献したとみなされるしくみです。

正解

ということで、本日のエコクイズ「「カーボンオフセット」ってどういう意味?」の答えは、2の「排出してしまった温室効果ガスの量をエコプロジェクトなどを行うことで埋め合わせること 」でした。

1は、そういう最新技術もあるにはありますが、「カーボンオフセット」とはいいません。

3「製品のライフサイクル全体で発生する温室効果ガスの量を表示する制度」は、「カーボンフットプリント」のことです。

スポンサードリンク