スポンサードリンク

英検過去問2012年度第3回リスニングPart1(会話問題)より。2016年度第3回からさかのぼって過去問をやってると、会話問題って結構パターン決まってて飽きてくるよねーと思っていたのだが、久々にじわじわくるエピソードに遭遇したので紹介する。

それは問題№9。高校時代のクラスメイトのブライアンから、同窓会(reunion)があるとのメール連絡を受けた男性はどうも気乗りしない様子。

他方、奥さんはノリノリで、「あなたのクラスメイトに会ってみたい」なんて、自分も参加する気でいるようだ。あちらの同窓会は、夫婦で参加するものなのだろうか。

しかし男性は渋る。「ブライアンとしか連絡とってないしー」「何人かは会って楽しいだろうけどーでも高校生活って別に俺の人生のハイライトじゃないしー」

で、ここからが難しい。

I certainly don’t have good memories of everybody in my class.

英検過去問2012年度第3回リスニングPart1 No.9より
出典:2014年度版 英検1級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

直訳すると

私は確実に持っていない
良い思い出を
クラスのみんなの

となりそうだが、皆が皆嫌いってわけじゃなさそうだしな。ちょっとここ保留。

さて、そんな夫に対して奥さん。

Come on, you’re all adults now. People change over time. You’d probably get more out of it than you think.
(引用同上)

「しっかりしてよ!みんなもう大人でしょ。人は変わるのよ!」

そして最後の一文の“get more out of”は、「~からより多く引き出す、多くを得る」という意味

「考えてるより得るものは多いわよ」「思ってるより楽しいわよ!」という感じだろうか。奥さん、高校時代リア充だったんやろな。そしてなんか松岡修造を思い出した。

ところで、本エピソードで最もじわじわ来るのが、次のやりとり。

夫が同窓会に行かない理由として「色々忙しいし車で3時間かかるし」を挙げた際に、奥さんは一言。

But we’re always going down to your hometown to visit your mother.
(引用同上)

(でも私たちいつもあなたの故郷に出かけてるわよね お義母さんに会いに)

それに対して、夫は“That’s different.”と答え、さらに同窓会に行かない言い訳を重ねるのだが、まずい返しだと思った。奥さん、しょっちゅう義実家に連れていかれて、いろいろたまってると思うんだ、きっと。

スポンサードリンク