スポンサードリンク

このところ、英検1級の現時点での最新過去問(2016年度第3回)を使ってトレーニングをしている。今日は、リスニングPart3に突入。初っ端の問題がマネー関連のトピックだった。

苦手意識のあるジャンルなのだが、以前、このブログの記事「年金の話題における“contribution”てどういう意味?」に書いた、2015年度第2回リスニングPart3のような苦労はなかったな。

いくつか聞き取れない箇所、分からない単語があったものの、すんなりディクテーションを終えることができた。

思うに、これは過去問をやり込むことの効用かと。音声で商品名を挙げ、費用とメリット・デメリットを解説するという、Part3のパターンが見えて来た。

知らなかった単語は、“dividend”。「配当」もしくは「配当金」という意味だ。“annual dividend”で「年配当」、“dividend amount”で「配当額」という意味になる。

あと、固有名詞だと思ったら、一般名詞だったのが“blue-chip stocks”。日本語で言う「優良株」だった。

その他、覚えた単語、熟語はこちら。

今日覚えた英単語・英熟語

well-paying 給料のいい
currency fund 通貨ファンド

スポンサードリンク