スポンサードリンク

2015年の4月に大阪で開催されたHUMMERさんこと濱崎潤之輔氏のTOEICセミナーについての記事を、英語とは無関係な別のブログで発掘したので、こちらに移転する。あれからTOEICの形式は変わったが、根本のところは変わってないと思う。文法大事。

あと、HUMMERさんに、「それよりスコアを上げるコツみたいなものないんですか!?」とキレ気味に質問していた女性がいたのを思い出した。HUMMERさん困惑気味だったと記憶している。代わりに言いたい。魔法はない。
———–

4月4日に開催された、JICA(独立行政法人国際協力機構)主催の「TOEIC満点カリスマ講師のTOEICスコアアップ講座 TOEICなんて怖くない!@JICAボランティア募集説明会」に行ってきました。

“TOEIC満点カリスマ講師” とは、あのHUMMERさんこと濱崎潤之輔さん。生講座を関西で受けられる貴重な機会ということで、一も二もなく参加を決定。幸運にも、先着順で80名という枠に滑り込むことができましたので、今日はその模様をレポートしたいと思います。

主宰のJICAとは?そしてTOEICスコアアップ講座の目的とは

当日のチラシのPDFはこちら↓
TOEIC満点カリスマ講師のTOEICスコアアップ講座 TOEICなんて怖くない!@JICAボランティア募集説明会

「JICAボランティア」とは、あの有名な「青年海外協力隊」などの海外ボランティアのことです。応募に際しては、「語学力審査」というものがあり、英語の場合は中学卒業程度(英検3級もしくはTOEIC®スコア330点)以上が求められるそう。

語学力審査|JICAボランティア

あれ?割とハードル低い…と思ったのですが、冒頭のJICAスタッフの方のご挨拶によると、それでもTOEIC対策で頭を悩ませる志願者は多いそうで。

そんな中、HUMMERさんのメソッドでTOEIC920点を獲得した方が誕生したことから、今回、濱崎さんを招聘しての講演開催となったという話でした。

HUMMERの講座の内容はこんなだった

さて、スタッフの方の開会の辞の後は、いよいよHUMMERさんの登壇です。ただ、実を言いますと今回の講座、自分にとって有益なのか、不安がないわけではありませんでした。だってこの講座、対象者の幅が「初めて TOEIC を受験する人から、さらなるスコアアップを目指す上級者まで」って、対象者の幅が広すぎるんですもの。

しかし、そんな心配は、不用でした。HUMMERさんは、冒頭で

「これまでの経験では、初心者対象の講座でも、ご参加の方はある程度TOEICのことをご存知の場合が多く、ほんとに初心者対象でやってしまうと評判がよくないので」

という趣旨のことをおっしゃいまして。いきなりPart5と7の対策講座に突入したのです。

ただ、初心者は置いてけぼりかというと、そうではなく。平易な文が用いられ、品詞の基本的な解説も織り交ぜつつ、HUMMERさん流の回答法がしっかり解説されていました。「全力特急」の超ライト版という感じでしょうか。

新TOEIC TEST 全力特急 絶対ハイスコア(著:濱崎潤之輔 , キム・デギュン)

そして質疑応答の内容は、900超を狙う私にとってもかなり有益でした。質問に応じて、

  • 単語は一語一義で憶えていく

  • Part3&4は音が遠ざかったらあきらめる

などの内容が語られ、なんか色々迷いがふっ切れたというか。この日学んだ内容を意識して、翌週(4月12日)の第199回TOEICに臨んだのですが、これまで受験した公開テストの中で、最も手ごたえがあった気がします。

まとめ

ということで、感想は受講してよかった!というもの。13時から14時15分までの75分、丁寧かつコンパクトにリーディングパートの攻略法を語ってくれたHUMMERさんと、主宰のJICAの皆さんに感謝です。

で、改めて思ったのが、品詞の分類とはたらきは、初心者の段階からマスターしておいた方が効率がいいよなあということ。

私は、英文法がすごく嫌いで、実は800点を超えた後も形容詞と副詞の区別がちゃんとついていなかったぐらいなのですが、最近ついに観念して品詞を意識するようにしたところ、Part5がウソみたいに楽になったんですよねえ。もっと早くからやってりゃよかったとつくづく。

スポンサードリンク