スポンサードリンク

今日の英語学習は、英検1級過去問2015年度第1回リスニングPart3のディクテーション。2016年度第3回英検の問題が公開されたので、そっちに着手しようかとも思ったのだが、やはりひとつの回は完結させてしまわないと気持ちが悪いので、2015年1回を続行している。

で、今日紹介するのは、リスニングPart3の(G)。クリニックの受付の人っぽい女性が患者に医者のアドバイスを伝える留守録メッセージ、という設定の音声を聴いて、問いに答える問題なのだが、日常的に起こりうる体の不調に関する単語が満載。

吐き気、嘔吐、下痢、このぐらい理解していないと、英語圏で日常生活送れないでしょ、という英単語が目白押しだった。

そういえば、20年ほど前に、10日間のアメリカ旅行に行ったのだが、その時には知らなかった単語ばかりだ。ずっとコーディネーターの人が一緒のプランじゃなかったのに、怖いもの知らずというか何というか。

今日覚えた英単語・英熟語

vomit 吐く、嘔吐
antidiarrheal 下痢止め
diarrhea 下痢
stomach lining 胃壁
nausea 吐き気
easy-to-digest 消化のよい

実際、グランドキャニオンに行くセスナ機の中で、強烈な吐き気に襲われたりもしたし。

ちなみに、今回の英検の音声には出てこないが、乗り物酔いの薬は“relief from travel sickness”“motion sickness drug”と言うらしい。あわせて覚えておこう。

「吐く」は、SKID ROWの“Get the Fuck Out”歌詞から“puke”で覚えていたのだが、これは俗語の「吐く」で、日本語で言うと「ゲロ」「へど」に当たりそうだ。

言わんとするところは伝わると思うが、人格を疑われるのもあれなので、この機会に“vomit”をマスターしておこうと思う。

スポンサードリンク