スポンサードリンク

英検1級過去問2016年度第3回リスニングPart2“Acid Whey”に関連していそうなMail Onlineの記事を発見。人気のギリシャヨーグルト(Greek Yogurt)が、いかに環境に悪いかという話が書かれている。

That’s whey too bad for our environment! How the toxic by-product of Greek yogurt is causing a world-wide pollution problem

日本でも、ギリシャヨーグルトは2015年あたりからブームであったようだ。知らなかった。最近、乳製品一切食べなくなったからなあ。

上の記事には、で、ギリシャヨーグルトの問題点として、やり玉に挙げられているのは、副産物の酸ホエー(acid whey)だ。世界的な有毒廃棄物の問題を引き起こしていると。

4オンスの牛乳から、ギリシャヨーグルトは1オンスしか取れない。残り3オンスは、酸ホエーに変わる。

A by-product of Greek yogurt, called acid whey, is causing a world-wide toxic waste problem, and scientists are scrambling to find a way to fix it.
For every four ounces of milk used in the production of Greek yogurt, only one ounce becomes creamy, edible yogurt. The other three ounces transforms into acid whey, a fast-growing pollution problem.

具体例としては、アメリカの乳製品の会社がうっかり用水路に酸ホエーを放出し、流域1.5kmにわたって5,400匹の魚を死なせたことが挙げられている。酸ホエーは水中の酸素濃度を減らすらしい。

In 2008, Minerva Cheese Factory agreed to pay more than $6,000 in restitution after it accidentally released acid whey into Sandy Creek, Ohio, which temporarily depleted oxygen levels and killed more than 5,400 fish along a 1.5 mile stretch downstream.

これまでメーカーは、家畜の飼料に混ぜたり、酸ホエーから食べられるヨーグルトを抽出したりと、様々な試みをしているが、根本的な解決には至っていないようだ。

2013年の記事だから、その後、事態はよくなっているのかもしれないが、エコが!環境が!と唱えつつ、ギリシャヨーグルトでキレイに!とか言ってると、もしかしてアホに見えるのかもしれない。気を付けよう。

スポンサードリンク