スポンサードリンク

今日は、英検1級2次試験(面接)のナレーション問題後に出題される4つの質問のうち、No.2、3、4の対策について。『14日でできる! 英検準1級 二次試験・面接 完全予想問題』から、出題の傾向と、模範解答のパターンを探ってみることにする。質問の後、変な間が空かないようにするために覚えておくべきことは?

ちなみに、質問No.1対策については、こちら。

英検準1級の2次質問№1(イラストに関連した質問)対策

「イラスト」というのは、現場で面接委員から配られる「問題カード」に書かれたストーリー仕立ての4コマのこと。質問№1では、コマ番号と登場人物の一人が指定され、「あなたがこの人だったらどう考えているだろうか?」と尋ねられる。

英検1級2次試験の質問No.2~4では、どんな内容が聞かれる?

では、No.2~4は、どんな質問かというと、こうだ。

No.2:問題カードのトピックに関連した質問
No.3:問題カードのトピックに関連した質問
No.4:問題カードのトピックにやや関連した、社会性のある質問

No.2、3が問題カードに「関連した質問」、No.4が「やや関連した、社会性のある質問」。

「関連」とは、どのレベルかというと、これは具体例を挙げた方が分かりやすいと思う。問題カードのトピックが、「電車の中で騒ぐ子供たちと、それを叱らない母親たち」だとしよう(『14日でできる! 英検準1級 二次試験・面接 完全予想問題』Day7参照)。

状況ちょっと違うけど、イメージ。やっぱり「いらすとや」さんはすごいな。何でもある。
電車内で騒ぐ子供たちのイラスト

このトピックに関する質問No.2と3は、

「公の場で見苦しい振る舞いをしている人に何か言うべきか?」
「電車やバス内の携帯電話での通話は不作法だと思うか?」

という感じで、問題カードのストーリーとは、「公の場での不作法」という点でざっくりとリンクしているにとどまる。そして、No.4「やや関連した、社会性のある質問」になると、さらに遠い。

「子供を育てる際に最優先することは何か?」

となる。問題カードとのリンクは「子供」のみ。模範解答を見ても、マナーや道徳は語られておらず、もはやトピックとは無関係と言ってもよさそうだ。

質問No.2~4の形式で多いのは「Do you think that~?」「Should ~?」

では、質問の形式は、どうだろう。

No.2~4を通じて圧倒的に多いのは、「Do you think that~?

というパターン。「Yes.」「No.」で答えられる問題だ。もちろんYes/Noだけで終わってはダメで、根拠や具体例を1~2文付け加える必要はあるが。

次に多いのが「Should ~?」というパターン。例えば、

Should people say something to a person who is behaving badly in public?

という質問だが、これに対しても、まず、Yes/Noで受けてよいようである。

ただ、内容によっては、とっさに「どちらとも言えないな~」と思うこともあるだろう。そんな場合に便利なのが、「It depends.」。「場合による」「状況による」というような意味。

例えば、上に引用した質問の解答例のひとつには、まさにこれが使われている。

It depends on the situation.I heard on the news that someone who complained was attacked by the person behaving badly.(後略)

Yes/Noで答えられない質問は?

ところで、形式的にYes/Noで答えるのが不可能な質問はどうすればいいのだろう。

例えば、Whichを使った質問。

「Which do you think is better, A or B?」(AとBではどちらが良いと思いますか?)

これに対しては、「It’s better~」「I prefer~」という返しがよさそうである。

Whatを使った問題もある。

1.「What do you think is~?」(~は何だと思いますか?)
2.「What do you think about the fact~?」(~という事実についてどう思いますか?)

1のタイプの具体例は、『14日でできる!』Day7の質問No.4だ。

What do you think is the first priority when raising children?

という質問に対して解答例の一つは、こうなっている。

I think teaching your children to think themselves should be the first priority.(後略)

もうひとつの解答例は

We live in a competitive, complex world these days, so we should make them~(後略)

と、我々を取り巻く現代社会の前提から始まっているが、ハードル上げすぎ。「~は何だと思いますか?」と来たら「I think~」と答え始めるのが無難ではなかろうか。

他方、2の「What do you think about the fact~?」タイプの問題については、以下の解答が見られた。Day12に、「日本で多くの従業員がサービス残業を強いられている事実についてどう思うか?」という内容の質問があるのだが、二つある解答例は、それぞれこう始まっている。

I think it’s unavoidable.(仕方がないと思う)

I thihk it’s unfair.(不当だと思う)

一つ目の解答例の社畜感が半端ないが、英検の面接では、正義感や倫理観が問われるわけではないので、そこはどちらでもよい。とりあえず、「What do you think~?」問題対策としては、この二つの表現をストックしておくと、便利そうだ。

ということで、今日は、英検1級2次試験(面接)のナレーション問題後に出題される4つの質問のうち、No.2、3、4の対策について。質問の後に不自然な間が空くのはNGらしいので、とにかく最初の一言がスムーズに出るようにしておこう。

スポンサードリンク