スポンサードリンク

社会が低炭素化をめざす中、よく耳にするのが「カーボンなんとか」という用語です。

例えば、カーボンオフセット、カーボンニュートラル、カーボンフットネガティブなど。eco検定でも頻出の用語ですが、皆さん、とっさに違いが分かりますか?この記事では、クイズを使って、「カーボン」がつく環境用語の意味と違いを整理してみましょう。

問題

自分の努力では削減できなかった温室効果ガスの排出量を、森林保護やCO2削減プロジェクトへの投資などを通じて埋め合わせをしようという考え方があります。

そういった考え方を何というでしょう。次の3つの語句から適切なものをひとつ選んでください。

  1. カーボンニュートラル
  2. カーボンオフセット
  3. カーボンネガティブ

「カーボン」を含む環境用語

解説

カーボンニュートラルとは

1「カーボンニュートラル」とは、 人が何らかの活動を行った際に、排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量であることです。直訳すると、炭素中立。eco検定の公式テキストでは「二酸化炭素の増減に影響を与えない性質」と説明されています。

このカーボンニュートラルという言葉は、バイオマスエネルギーの有効性を語る時に使われます。

バイオマスエネルギーとは、動植物に由来する有機物(化石燃料を除く)のうちエネルギーとして使用可能なもののこと。代表的なものとしては、サトウキビ、トウモロコシ、海藻、木くず、稲わらなどがありますが、こういった植物は成長過程で光合成をし、二酸化炭素を吸収しますよね。

なので、燃やして二酸化炭素を排出しても、ライフサイクル全体で見ると収支はゼロ、大気中の二酸化炭素は増えないとされているのです。これがカーボンニュートラル。

なんだか狐につままれたような気がする人もいると思いますが、検定試験的には、とりあえずカーボンニュートラル=炭素の収支がゼロ、中立と覚えてしまいましょう。検定頻出です。

カーボンオフセットとは

次に、2「カーボンオフセット」とは、やわらかく言うと、

「二酸化炭素の排出量を削減しようとがんばったんだけど、私にはこれ以上は無理でした。埋め合わせとして、木を植えたり二酸化炭素排出削減プロジェクトにお金を出したりしますので、これで相殺ってことにしてね」

ということです。よって、これが正解。

キーワードは「埋め合わせ」「相殺」です。これもeco検定頻出の語句なので、確実に押さえておきましょう。

カーボンネガティブとは

最後に、3「カーボンネガティブ」は、二酸化炭素の排出量が吸収量を上回っている状態を指す言葉です。「ネガティブ」というので、二酸化炭素が出ない状態なのかと勘違いしがちですが、排出量>吸収量がカーボンネガティブ。

逆に、二酸化炭素の吸収量が排出量を上回る状態(排出量<吸収量)を「カーボンポジティブ」といいます。

正確な意味は分かりませんが、とりあえず二酸化炭素の排出量が多くて環境にネガティブな(否定的な、悪い)影響を与えそうなのがカーボンネガティブ、排出するより多く吸収して環境にポジティブな(肯定的な、よい)影響を与えそうなのがカーボンポジティブと覚えておくとよさそうです。

正解

2

ということで、問題の「自分の努力では削減できなかった温室効果ガスの排出量を、森林保護やCO2削減プロジェクトへの投資などを通じて埋め合わせをしようという考え方」をあらわす言葉として適切なのは、選択肢2の「カーボンオフセット」でした。

その他の選択肢についてもまとめますと、

1「カーボンニュートラル」は二酸化炭素の増減がないこと
3「カーボンネガティブ」は吸収量より排出量の方が多くて地球に負荷をかけている状態

となります。eco検定の試験問題や、職場での会話でうっかり間違わないように整理しておいてください。

参考図書:改訂6版 環境社会検定試験eco検定公式テキスト

スポンサードリンク