スポンサードリンク

この記事では、2017年の9月にNHKのクローズアップ現代にも取り上げられた「ESG投資」の意味や、よく似た用語「SRI」との違いを解説。

何かと難しくなりがちな話ですが、eco検定に出題される範囲で、できるだけわかりやすくまとめてみました。エコじろう君と小秋先生の対話形式でお届けします。

エコじろう

最近「ESG投資」って言葉をよく聞くんだけど、ESGとは何かい?そして、それは儲かるのかい?

小秋先生

そうねえギターの会社への投資が特にいいという話はとくに聞かないわね。たとえそれが天使とかの形のカスタムメイドを作ってる会社でもね。

エコじろう

それはESPだと思うんだ

小秋先生

じゃ、「神」…

エコじろう

それMSG

小秋先生

何の話だったかしら?

エコじろう

「ESG投資」とは何で、儲かるのかという質問や

小秋先生

ああ、ESG投資ね。これは、業績や収益性だけでなく、「ESG」の観点からも企業を評価し、すぐれていると思われる企業に投資する行動を意味する言葉よ。

エコじろう

「ESG」とは、何の略なのかい?

小秋先生

「ESG」は、「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(企業統治)」の頭文字を並べたものよ。これらの「ESG」に配慮し、投資先の企業を選ぶ行動が、ESG投資ってわけ。

エコじろう

なるほどなあ。環境、社会、企業統治にがんばってる会社を選ぼうってことだね。

小秋先生

ええ。「環境」の意味は、わかるわね。原料の調達の際の環境配慮、省エネやCO2削減、再生可能エネルギーの導入、リサイクルなどの努力をしているかどうかってことよ。

エコじろう

じゃ、「社会」は?

小秋先生

「社会」は、いわゆる社会問題に関すること。人種や宗教による差別はないか、労働者の扱いは正当か、女性が活躍しているかなど人権の問題や、遺伝子組換え作物、動物愛護に対する態度が問われるのよね。

エコじろう

最後の「企業統治」は、想像がつかないや。

小秋先生

「企業統治」は、「コーポレート・ガバナンス」とも言われるわ。経営陣が会社を私物化していないか、粉飾決算が行われていないかなど。いわゆる「不祥事」がないかどうかって話ね。

エコじろう

なるほどなるほど。でも「環境や人権に配慮していて、悪いことをしない会社に投資しよう」なんていうのは、べつに目新しい話じゃないのではないのかい?

小秋先生

その通り。収益を上げているかどうかだけでなく、社会性や倫理性に着目して、投資するかどうかを決めるという投資家の行動は、昔からあるものよ。

エコじろう

そうだよね。そういえば、eco検定のテキストで、「SRI」なんて言葉を習ったよ。確か、「社会責任投資」っていう意味だったと思うんだけど。ESGとSRIの違いは何かい?

小秋先生

そうそう、環境や人権に対する企業の行動に着目した投資行動は、少し前には「SRI(社会的責任投資)」と呼ばれることが多かったの。

エコじろう

えーと、えーと「SRI」は、「Socail (社会)」「Responsible (責任)」「Investment(投資)」の頭文字でよかったよね?

小秋先生

ちゃんとeco検定のテキストを欄外まで読んでいるのね。その通り。欧米で1970年代頃から発展してきた考え方よ。

エコじろう

今はもう、SRIはすたれてしまったというのかい?

小秋先生

うーん、市場関係者の間では好まれていないようねえ。どうも世の中のためにはなるけど儲からない、というイメージが定着してしまったようで。一部では「ボランティア投資」とか言われたり。

エコじろう

投資をして儲からないのは困るわあ。

小秋先生

あと、近年、企業の不祥事が頻繁に起こるようになり、社会的責任を果たしているだけでは不十分ということになってきたようなのよね。「統治」の視点も必要なのではないかかと。

小秋先生

そんな中、2006年に、当時の国連事務総長だったアナンさんが、「責任投資原則(PRI)」という考え方を打ち出したの。

エコじろう

わわ、またアルファベット3文字わあ。PRIとは何かい?

小秋先生

PRIとは、ざっくりというと投資家のためのガイドラインのようなもので、6つの原則からなるんだけど、その中に「ESG」という言葉が登場するのよね。例えば、「私たちは投資分析と意志決定のプロセスにESGの問題を組み込みます」とか。

小秋先生

ちなみにPRIは、「Principles for Responsible Investment」の頭文字を取ったものよ。Principleは「原則」、Responsibleは「責任ある」、Investmentは「投資」ね。

エコじろう

そうなのかあ。その辺りから、社会や環境にもやさしい会社に投資することを「ESG投資」というようになったという流れなのかい?

小秋先生

そうね。まあざっくり言うと、「統治」が加わったぶん、SRIより会社を見る基準が厳しいのがESG投資だけど、中には名前が変わっただけというケースもありそうねえ。

エコじろう

結局大きな違いはないということなのかあ。

小秋先生

少なくとも、ESG投資はSRIと違って必ず儲かるとか、リターンが大きいとかそういう話ではないので、そこは誤解のないようにね。

エコじろう

がっかりしている。

スポンサードリンク