スポンサードリンク

問題

エアコンの性能の目安となる「期間消費電力量」の「期間」とは次のうちどれでしょう?

  1. 1年中
  2. 7~9月の電力消費のピーク時
  3. JIS規格で決められた期間

解説

家電メーカーなどのエアコンの性能表示には「期間消費電力量」として、「800kWh」などの数字が書かれています。kWh(キロワットアワー)は消費電力量。電気料金の計算の基準にもなっている単位で、数字が多いほど、多くの電力を消費しているということです。

エアコンのイラスト

問題は「期間」ですね。「期間消費電力量:800kWh」という場合の「800kWh」は、どのぐらいの間使ったときの消費電力量なのでしょうか?

答えは、その表示に添えられている「JIS C 9612:2013」という記号と数字です。

「期間消費電力量」とは、JIS規格に定められた条件における消費電力量だったんですね。

条件とは、東京の外気温度をモデルとし、設定温度を冷房時27℃、暖房時20℃にして、「冷房期間」と「暖房期間」に6時から24時の18時間、南向きのJIS規格における平均的な木造住宅で、機種に見合った部屋の広さで運転するというもの。

「冷房期間」は5月23日~10月4日、「暖房期間」は11月8日~4月16日と定められています。

ざっくり言うと、東京の標準的な木造住宅で、春と秋の気候のよい時以外、朝から晩まで、節度を守って使うとこのぐらいの消費電力になりますよ、というのがエアコンの「期間消費電力量」ということになりそうですね。

この条件に当てはまる設置場所がどのぐらいあるのかは疑問ですが、だいたいの目安になりましたら幸いです。

スポンサードリンク