スポンサードリンク

「文系でもわかる!環境問題超入門」は、環境にまつわるキーワードを、文系の環境初心者のみなさんにも分かりやすく解説するサイトです。

取り上げるテーマは、そもそも温室効果ガスって何なの?という基本的なところから、パリ協定、SDGs、ESG投資といった新しい取り組みまで。ジャンルは地球温暖化、エネルギー、生物多様性、食糧と水資源、公害・環境汚染、持続可能な社会などにわたります。

読者さんとしては、こんな人を想定してます。

  • 勤め先の会社が突然「環境環境」言い出して困惑している
  • 環境に関するニュースはカタカナ語が多くてイラっとする
  • SCGとかCOPとかIIPCとか一体何のこと?と思う
  • 数字やグラフはあんまり見たくない
  • 地球環境は大事だが自分の生活も大事

実はこれを書いております私自身も文系出身。環境を学び始めたのはほんの1年ほど前です。勤務先に環境部門が新設されることになり、これはちょっと勉強しないとまずいぞ、と思ったんですね。

当時は、「環境」といえば「セレブかエコバッグかシロクマ」という偏った認識しかありませんでしたので、正直、あまり気が進みませんでした。

しかし、手っ取り早く知識を身につけようと、「eco検定」のテキストを手に取ってみたところ、衝撃を受けたんですね。気候にしろ、水にしろ、空気にしろ、食料にしろ、森や海にしろ、自分たちの生活にかかわる問題が、こんなに山積みになっていたなんて、と。

いや、何で今まで気がつかなかったんだろう…と後悔しつつ、夢中で勉強したのですが(検定は2017年7月の試験に合格しました)、その過程で気がついたことがありました。

ニュースでは、毎日のように環境のことが語られているけど、用語が難しかったり、情報や数字の羅列だったりで、「要は何なの?」というところが受け手に届いてないんじゃないか?ということです。

そこで、一念発起して始めたのが、本サイトの主要コンテンツである「エコクイズ」。

作成にあたって心がけているのは、なるべく「ざっくり」説明することと、数字は必要以上に使わないということです。

気軽に3択問題にチャレンジしながら、さまざまな環境問題について「要は何なの?」というところをつかんでいただき、お仕事や日々の暮らしに役立てていただけましたら幸いです。

スポンサードリンク