スポンサードリンク

教科書や問題集の英語だけでなく、いわゆる「生英語」に触れることは大事!ということで、普通の英語ニュースや洋画に挑戦してみて玉砕!という人は結構いると思うが、あれはいきなりハードル上げすぎなんじゃないだろうか。なんてことを、今朝たまたまたどり着いた東京都議会議員の方のブログに掲載されていた英文レターを見て思った。

海外出張経費について、ロンドン市から返信あり!文字通り、舛添知事の豪遊とケタ違いだった…| 東京都議会議員 おときた駿 公式サイト

同記事は、東京都知事の舛添要一氏が、高額な宿泊費などを香港のメディアから指摘され、「香港のトップが二流のビジネスホテルに泊まりますか。恥ずかしいでしょ。」などと発言(逆切れ?)したことを受け、東京都議のおときた駿氏が、

ほう。
そうですか。

「一流都市のトップは節約なんてしない(はず)」

ということですね。
ならば、

ロンドン市長の東京出張と比べてみようではありませんか。

衝撃!ロンドン市長の東京出張と比べてみたら、舛添知事の豪遊っぷりが一目瞭然だった より引用

ということで、ロンドン市に情報公開請求という形で問い合わせをしたところ、随行員の旅費やお土産代まで含めた費用をすべて明らかにする返信が来た、という内容だ。

記事の最後に英語の原文が掲載されているのだが、これが非常にPart7っぽい。英文メールのいいお手本になりそう。一部引用させていただく(読みやすいようにスラッシュ挿入)。

Dear Mr Shun Otokita
Freedom of Information request

Thank you for your email / dated 7 April / to Mayor Johnson / enquiring about his travel expenses / during his visit to Japan / in October 2015, / to which I was asked to reply.

Our response to your request is as follows:

と、この後に具体的な数字が続くのだが、この感じ、おなじみでしょ?TOEICで見たことないのは、

Freedom of Information request「情報公開請求」
enquire「問い合わせる」(英国で主に使われる表現)

ぐらいで。

The Mayor is immensely honoured / to have signed the Declaration of Friendship City Relationship / with Governor Masuzoe, / and had the opportunity / to address the Tokyo Metropolitan Assembly / during his visit.

この部分も、目新しいところといえば「光栄に思う」が honored じゃなくて、honoured になってるところぐらいかな。ちなみに、immenselyは「大いに」「はなはだしく」という意味。address は、同記事では「講演」と訳されていた。ロンドン市長は、来日の際に、都議会(Tokyo Metropolitan Assembly)で講演したらしい。

そして締め。

If you have any further questions / relating to the information provided, / please contact me, / ensuring that you quote the reference / at the top of this letter.

Yours sincerely

ensuring that 以降がちょっと難しいが、記事では「その際、この手紙の上の部分(市長の訪日出張経費の情報公開の話)を引用いただけると嬉しいです」と訳されている。もう少し直訳っぽくすると、「確実にして あなたが照会内容を引用することを この手紙の上の部分の」となるだろうか。

ということで、以上、こんな風に、ちょっとだけ分からないところのある英文を克服していくことが、自信につながるんではないかなーという気がしたので、記事にしてみた。

もちろん肝心の内容、例えばロンドン市長は、飛行機はビジネスクラスを利用、帰りの旅費は貯まったポイントで支払ったというところに衝撃を受けたということもあるのだが。詳細は、ぜひ、おときた氏の記事をご参照。

ちなみに、ロンドン市長の外遊先での行動って、YOUTUBE動画も交えて逐一公開されているのだな。こちらのページの文章も比較的読みやすくておすすめ。

Mayor’s trade mission to Japan | London City Hall

スポンサードリンク