スポンサードリンク

第210回公開テストのアビメ。5月29日に受験した第210回TOEICの公式認定証(スコアシート)が、6月27日月曜日に届いた。オンライン発表は、1週間前にすでに確認済みだが、紙で成績を確認すると、やはりホッとする。リスニング485、リーディング440でトータルのスコアは925。よかった、バグじゃなくて。

第210回TOEIC公式認定証

せっかくなので、スコアカードの下に付いてる「Abilities Measured(アビリティーズメジャード、通用「アビメ」)」も公開しておく。ちなみに、フォームは不明だが、解答用紙のA面がピンクで、「ホース」のやつ。

第210回TOEIC リスニングのアビリティーズメジャード(LAM)

第210回のリスニングのアビメ。「フレーズや文から話し手の目的や暗示されている意味が理解できる」という項目が新たに加わった。おそらく、Part3&4に新設された問題、例えば

What does the woman mean when she says, “Sure thing”? 

という形式で、“Sure thing”という発言の意図を問う設問(ヒロ前田さんは「意図問題」と呼んでいるようだ)の正解率を示す項目だろう。私の正答率は93%だった。

第210回TOEICリスニングのアビメ

  • 短い会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる :94%
  • 長めの会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる :95%
  • 短い会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる :93%
  • 長めの会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる :93%
  • フレーズや文から話し手の目的や暗示されている意味が理解できる :93%

第210回TOEIC リーディングのアビリティーズメジャード(RAM)

リーディングセクションのアビメの項目は、旧型式時代と同じ。

第210回TOEICリーディングのアビメ

  • 文書の中の情報をもとに推測できる :89%
  • 文書の中の具体的な情報を見つけて理解できる :89%
  • ひとつの文書の中でまたは複数の文書間でちりばめられた情報を関連付けることができる :78%
  • 語彙が理解できる :90%
  • 文法が理解できる :95%
  • 前回受験(2015年12月の第206回TOEIC)のフォームが同じなのかどうかが判断できないので、単純に比較はできないのだが、語彙と文法の正答率が上がったのがうれしい。

    語彙は、206回で925点を達成した後、一度はTOEICを卒業するつもりで英検1級の教材をやったのが効いたかもしれない。

    文法については、公式問題集と、「摸試特急」の計3テスト分のPart5の問題をタイプして、iPod Touchに取り込み、選択肢なしでも空欄部分が言えるレベルまで読みまくったな。

    あと、直前期に前置詞と接続詞の区別をしっかり整理したのも大きかったと思う。リーディングセクションのスコアを少しでも底上げしたい人は、ぜひご参考。

    前置詞と接続詞の使い方を知ってパート5対策!DespiteとAlthoughの違いは?

    スポンサードリンク