スポンサードリンク

今朝もTEDの英語動画を素材にディクテーションをしようと思ったが、寝坊したので、そこまでの時間はなく。代わりに英検1級過去問2014年度第2回リスニングPart4のインタビュー問題を使うことにした。

インタビューを受けているのは、Peter Winters氏なる人物。以下のような仕事をしている人らしい。

Most of the things that we make are replicas engraved inside glass, of buildings or anime characters, sport memorabilia, and things like that.

2016年度版 英検1級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)より

 私たちが作っているもののほとんどはレプリカだ
 ガラスの中に彫られた
 建物やアニメキャラやスポーツの記念品のような

ツイッターで“engraved inside glass”と検索して得られた結果の一つ。Winters氏の会社かどうかは不明であるが、こういう製品を作成している会社にお勤めの人ということで間違いないと思う。

さて、インタビューによると、Winters氏がこの仕事から学んだことは、「お店なんかで見かけるチープな感じの“trinket”(つまらないもの、ささやかなもの)の製造過程は、想像以上に複雑なプロセス」ということだそうで。

いや、誰もつまらないなんて言ってないんだけど、なんでこの人こんなに自虐的なの。

都市計画という、ガラスの彫刻とは対極と思える世界をバックグラウンドに持つという点も含めて、すごく気になるのだが、名前で検索しても情報が得られない。

なんでも、“productive spaces”という、農業を含む都市の食糧生産スペースを提唱したという話なのだが、その線で検索しても、収穫なし。英検は、どこでこの人を見つけたのだろう。謎だ。

ところで、英検のインタビュー問題としては、本問は易しい部類に入ると思う。しゃべりの素人らしい言いよどみはあるのだが、発音は比較的クリアで、語彙も平易だった。

スポンサードリンク